igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

7月に読んだ本のまとめとブログの更新滞るけど見捨てないでの件

7月の読書メーター
読んだ本の数:14
読んだページ数:4833
ナイス数:549

この世の春 下この世の春 下感想
正直あの案山子の顔が飛んだシーンは「こ・・・これはまさか・・・」と思い、顔のない案山子と例のお面がかぶりお館様が暴れるのではないかと心配した私でした。私の想像力が違う方へ行っていたのか。絶対そのシーン関係ある!と思って力んで読んでたのですが(笑)
読了日:07月01日 著者:宮部 みゆき


将棋殺人事件 (講談社文庫)将棋殺人事件 (講談社文庫)感想
私の読解力のなさか?? 何が言いたいのか理解できなかったー。っていうか、当事者だったらもっと楽しく読めたのかもしれないけれど、話があちこちに飛ぶ上に「あなた誰?」的に登場する人もいるから混乱しました。オセロの方はわかりやすくて面白かったです。
読了日:07月03日 著者:竹本 健治


星の見える家 (光文社文庫)星の見える家 (光文社文庫)感想
心理サスペンスというだけあって、心理的にぞわぞわきました。面白かった。表題作とか万引きみられた?の話とか心理的にぞくぞく来ました。
読了日:07月05日 著者:新津 きよみ


0能者ミナト<11> (メディアワークス文庫)0能者ミナト<11> (メディアワークス文庫)感想
うーーーーん。ある意味マンネリではありますが、指輪はなんだろう。もっとドラマティックなのを期待してました。指輪にあたって跳ね返す的な・・・まぁそんなミリ単位の活躍は無理だったか? ラストの孝元さんの誤解が手に取るようで笑った。
読了日:07月08日 著者:葉山 透


衣更月家の一族 (ミステリー・リーグ)衣更月家の一族 (ミステリー・リーグ)感想
ややこしかった。もう少し分かりやすくしてほしかったなぁー。最初の3話が中途半端だったので絶対途中で交わるんだろうと思ってはいたけど、交わりすぎて何がなんだか・・・(^-^;)
読了日:07月12日 著者:深木 章子


上石神井さよならレボリューション上石神井さよならレボリューション感想
青春本格とあったので本格なのかと思ったんだけど、これはちょっと・・・本格と言ってほしくないような。学生プロレスの実況に笑ってしまいました。なんかありそうで面白い。川野がとてもいいキャラで可愛くてよかった。
読了日:07月14日 著者:長沢 樹


凍花 (双葉文庫)凍花 (双葉文庫)感想
帯が煽っていたのでもう少し何かあるのかと思っていたらそういうことではなく、「また帯に騙されたか」という気持ち。いつも何かを我慢しなくちゃいけない長女って姉妹あるあるだよなー。そういうのは分かりましたが、結局百合の本心は理解しきれなかった。
読了日:07月16日 著者:斉木 香津


ミレニアム5 復讐の炎を吐く女 上ミレニアム5 復讐の炎を吐く女 上感想
下巻になると面白くなるのかな。まだ登場人物の関係性がわからんっ。私としてはリスベットとミカエルの2人で活躍してほしいところなんだけどなぁー。5作目はのっけからリスベットを登場させたので作家のやる気が見える。うん。
読了日:07月17日 著者:ダヴィド ラーゲルクランツ


ミレニアム5 復讐の炎を吐く女 下ミレニアム5 復讐の炎を吐く女 下感想
下巻は1つの物語がメインで分かりやすかった。でも、下巻のこれをじっくり読んだことを思うと上巻はなんだったんだろう・・・? そしてリスベット。うーーーん。まだなんかこれじゃない感はあるんだけどー。ミカエルともっと一緒に行動してくれたほうが面白そうなんだけどー。っていうか、人の葬式に行きそうなイメージないです。すみません。
読了日:07月18日 著者:ダヴィド ラーゲルクランツ


紅のアンデッド 法医昆虫学捜査官紅のアンデッド 法医昆虫学捜査官感想
今回の赤堀せんせ、カッコよかったなぁ。全体的にしっくりきた。お父さんの話は1話にも登場してなかったかなー。勘違いか?岩楯刑事と今後どのような関係になるのか今ひとつ分かりませんが、今回は広澤さんと分かりあえたみたいで見方が一人できた?
読了日:07月21日 著者:川瀬 七緒


震える教室震える教室感想
怖くはないんだけど、面白かった。「学校の怪談」的な話。強いて言えば「ぬいぐるみ」の怨念は怖いよ。ぬいぐるみ持てないよー(;´Д`) 真矢と花音の2人が可愛かった。
読了日:07月23日 著者:近藤 史恵


名探偵誕生名探偵誕生感想
みーくんが健気すぎて泣ける(T_T) まぁ5歳上のおねえさんに恋するのはありだけど、逆を考えると・・・ないな・・・。でも、ひょっとするとひょっとするのか??と思いながら読みました。最初はあまりおもしろくないなぁーと思っていたのですが、みーくんの成長とともに話が進むと心理的な動きもあって面白く読みました。
読了日:07月24日 著者:似鳥 鶏


バックストリートバックストリート感想
やっと読み終えたという気持ち。何というか・・・なんというか・・・なんといえばいいんだろうという判断に困る話。広げすぎたのか狭すぎたのかよく分からない話だった。なんでこんな話に公安まで動く??
読了日:07月28日 著者:逢坂 剛


前田利家と妻まつ―「加賀百万石」を築いた二人三脚 (PHP文庫)前田利家と妻まつ―「加賀百万石」を築いた二人三脚 (PHP文庫)感想
歴史詳しくないので勉強しながら(^^;)しかし・・・こういう本を読むと私は現代に生きててよかったと思う。子供を人質扱いにされたりとか、辛いよなぁー。ほかにもなんかねぇーーー。「ねね」が意外に現代人ぽくてよかった。
読了日:07月31日 著者:中島 道子

読書メーター



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

14冊・・・(´・ω・`)

何をしていたかというと漫画読んでました(涙)

気に入るとそればかり読んでますが・・・
漫画は電子図書派です。あれは便利だ。ヤバイ。

でも漫画ばかり読んでる場合じゃなくて、私、11月に仕事で使う資格の試験受けなくちゃなくて。
持ってた人が辞めましてですねー。
なぜか一介の事務員である私にお鉢が回ってきた(;´Д`)
なんでー?
まぁ私のほかにも辞めた人の代わりに入社した新人くんも受けます。
社長曰く「新人くんより、私の方が理解していると思う」だそうですが・・・
ためしに過去問とかもらったらまぁ、ひっかけ問題の多いこと!!!!
毎回合格率は40%くらいです。

それの勉強にも本腰を入れなくてはいけません。
家で、本を読んでたらダンナに
「本なんか読んでないで勉強しろ」と言われました。
親か!?

まぁそんな母親みたいなことを言ってくるダンナではありますが、
勉強も確かに必要なので、8月も7月くらいしか読めないと思います。

よろしくお願いしますm(__)m

関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する