igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「前田利家と妻まつ」 中島道子



前田利家と妻まつ 中島道子

戦国時代の夫婦の物語といえば、豊臣秀吉とねねの話が有名だが、秀吉夫妻と終生の親交を結んだ前田利家と妻まつの歩みも、「ミニ太閤記」とでもいうべき輝かしい出世譚である。若気の至りで主君・織田信長の勘気をこうむり、足軽長屋に暮らしはじめた利家とまつ。まさにゼロからの出発だったが、実直・律儀に忠義を尽くす利家は、やがて帰参を許され、信長の計らいで前田の当主となる。その後、戦場往来の日々に生きる利家を、妻まつはしっかりと支え、二男九女を育て上げていく。信長の横死、秀吉の台頭と天下統一という激変のなか、利家は「加賀百万石」の大名として豊臣政権の屋台骨を支えるようになる。だが秀吉が没し、利家も後を追うように病没すると、加賀前田家の存続をかけたまつの闘いが始まるのだった。

歴史詳しくないのであまり分からない人たちであります(^-^;)
冷静に考えると、新選組しか詳しくないんだよねー。

で、ですね。
読む前のイメージ(例えば、大河ドラマに起用されたイメージ@見てないけど)としてはものすごく仲の良い夫婦という印象でしたが、それはきっと当時としては利家が側室をあまり持たなかったからのようですねー。
正直、私は現代に生きててよかったなと思うばかり。
400年前だよ。400年前。
この時代は子供をあっちにやったり、こっちに囚われたり、養女という名の人質だったり。
あぁーイヤイヤ。

夫はいつも血なまぐさいし。
心が休まるときがありません。

それでもって、良妻だ賢妻だって言われたって・・・
嬉しくもなんともない(T_T)

まぁ・・・400年前に生きていたらそういう事も言わなかっただろうけどね。

関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する