igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「ミレニアム5 復讐の炎を吐く女」 ダヴィド・ラーゲルクランツ



ミレニアム5 ダヴィド・ラーゲルクランツ

リスベットは人工知能研究の世界的権威バルデルの息子の命を救った。だが、そのときに取った行動が違法行為にあたるとされ、2カ月の懲役刑を受けた。彼女は最高の警備を誇る女子刑務所に収容されるが、そこではギャングの一員である囚人ベニートが、美貌の女囚ファリアに暴行を加えていた。見過ごすことのできないリスベットは、囚人はおろか看守までも支配するベニートとの対決を決意する。さらに彼女は、元後見人のバルムグレンとの面会で、“レジストリー”なる機関の存在に気づき、自らの子供時代に大きな秘密が潜んでいることを知った。ミカエルはリスベットから突然、レオ・マンヘイメルという人物の調査を依頼される。この男は何者なのか?そして、刑務所の外では、思いもよらぬ痛ましい殺人事件が起きる!今世紀最高のミステリ・シリーズ、最新刊。

どうしても「これじゃないんだよな感」はあるんですが、
それでも、やっぱりリスベットとミカエルに会いたいので
読んじゃいます。

散らばりすぎた上巻と、1つの話にまとめた下巻。

下巻のつくりは丁寧で、まぁ一組の双子に焦点をあててたので
物語の作りは面白かった。
そういえばリスベットも双子なワケで・・・
どうするのかなー。
この先。双子と対決するのかなー。

しかし・・・読んでての違和感。
リスベットのお行儀が良すぎるところか。

例えば、ミカエルがリスベットの住んでるところへ行ったとき、
なんとなーくだけど、ベッドに押し倒して噛みつきそうな
くらいだった私の印象なんだけどなぁー。
下巻のラストがとくに「これじゃない感」が強く、
「こんな常識のある女なんてリスベットじゃないっ!!」
と、思いながら読んでます。

この先受け継いでいくつもりだったらもっと思い切り
やってほしいわー。

なんか、ラーソン(1~3まではラーソン作)のミレニアム
再読したくなった(*'ω'*)
関連記事
私も読んでみますか

スターウォーズがルーカスの手から離れて全く別物になったように
最初の著者が亡くなって からのシリーズは
その当初の志が消えうせ、商業的なにおいがプンプンするので
今作はどうかと思って 静観していたんですが
とりあえず借りてみます。
[ 2018/07/24 11:12 ] [ 編集 ]
>バックスクリーン三連発さん。
なんかねぇーどうしても読みながら
「これじゃないんだよな」
という気持ちが抜けてなくて・・・(^^;)
読書メーターでも賛否ありますね。
人それぞれなのでしょうが・・・
しかし、あれば手に取ってしまうのも事実です(--*)
[ 2018/07/24 13:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する