igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「0能者ミナト<11>」 葉山透



0能者ミナト 葉山透

殺生石ーそれは凶悪な毒の大気を発し命あるものを死に追いやる、呪わしい巨石。かつて沙耶とユウキを窮地に陥れたそれが、いま新たに発見された。現地に赴いた理彩子を追う沙耶とユウキ、渋々それについて行った湊。そんな三人が捕われたのは、どちらを向いても脱出不能の、まさに無限回廊と化した空間だった。殺生石、そして九尾の狐の気配に満ちた閉鎖空間から脱出する術は?究極の攻撃を放つ九尾の狐を倒す術は、果たして存在するのかー。

マンネリではありますが、好んで読んでます。
どちらかというと、一話目の「嘘」の方が好きです。
なんか、この話はこれ以上に意味がありそうですが
どうなんですかね。

2話目は理彩子がお見合いをするのですが、
それをぶち壊しに行く湊くんでありました。

時空のゆがみみたいなところから登場した指輪の利用の仕方。
もう少し、カッコイイ漫画チックなのを想像してましたが
ちょっと違っていたようです。

で、ラストの孝元さんの勘違いが一番ウケました。
この人はいつもいい働きをしますw
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する