igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「落ちた花嫁」 ニナ・サドウスキー



落ちた花嫁 ニナ・サドウスキー

ニューヨークの瀟洒なアパートに暮らし、順調にキャリアを重ねてきたエリーの夢は結婚だった。ロマンスを求めて六年、ようやくめぐり会えた相手は投資会社のアナリストで、エリーはまもなくプロポーズされた。彼女の幸福な未来も、そのとき確かに約束されたはずだった。だが結婚式当日、パートナーのロブからある事実を打ち明けられ、エリーの人生は一瞬で暗転する。そして式を終えた彼女は、カリブ海の高級リゾートホテルの一室で、凄惨な光景を目にすることにー。エンターテイメントの本場ハリウッドの映画プロデューサー、衝撃のデビュー小説!

想像以上にとんでもな内容でした。
強烈です・・・強烈すぎます・・・

現在の章と過去の章があるんだけど、過去の章が時系列バラバラで、
この後どうなったんだろう??と思うんだけど、現在に移ったり、過去でも
違う話になったりで、ロブの手紙の2枚目が無償に知りたいワタクシでした。

とりあえず、結婚式が終わった夜。
エリーは1人殺します(驚)

或る意味物語はここからスタート。
ロブの消息は分からず(結婚式当夜なのに)
ついでに言えば生死も不明。
エリーは生きるため、ひたすら頑張ります。

なんでこうなったのか??
それが知りたいんだけど、分かったような分からなかったような・・・

そんな1冊でありました。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する