igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「将棋殺人事件」 竹本健治



将棋殺人事件 竹本健治

謎々を拾った者が、次第に心を病み、墓地で死体を掘り返すー六本木界隈で、ある怪談が広まっていた。そんなとき静岡で大地震が発生、土砂崩れの中から二つの屍体が発見される。屍体と怪談との類似点に注目、調査を始めた天才少年棋士・牧場智久が到達する驚愕の真相とは?書下ろし短編「オセロ殺人事件」収録。

正直よくわからなかった。

なんでメインの3人(主に典子)が事件に興味を持って調べるのか。
これが当事者であれば面白く読んでたかもしれないけれど、
都市伝説レベルだった噂を調べ始めて、そして「あなた誰?」的な人も登場して、
何が何やら・・
ついでに、将棋もわからないww

そして主役もはっきりしない。
(私は須堂さんだと思ってますが)

読むたびに消化不良になるシリーズです。

同時収録されている「オセロ殺人事件」は面白く読みました。
こちらは事件が単純なので読みやすいです。
しかし・・・事件のあらましを小学生に軽々しく説明する警察って・・どうよ(笑)
時代なのかもしれませんが。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する