igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「浦島太郎の真相」 鯨統一郎



浦島太郎の真相 鯨統一郎

母一人子一人で暮らしてきた四十五歳の娘は七十五歳の母親をなぜ殺害したのか?不明だった事件の動機を、美人大学院生・桜川東子が昔話・浦島太郎の大胆な新解釈で解き明かす(表題作)。日本酒バーで益体もない話を繰り広げる常連二人とマスターのヤクドシトリオ。彼らが解けない事件の謎を昔話になぞらえて次々と解決する東子の名推理。鯨ミステリーの妙技が冴える。

【目次】
浦島太郎の真相/桃太郎の真相/カチカチ山の真相/さるかに合戦の真相/一寸法師の真相/舌切り雀の真相/こぶとり爺さんの真相/花咲爺の真相


場所は日本酒バー。
日本酒好きな私には憧れの場所ですね。
秋田のお酒も何回も登場しまして、嬉しい限りです。
で、本題に入る前にヤクドシトリオが昔の話をあーだこーだと懐かしく話す。
マニアレベルで・・・( ̄▽ ̄;)
私より年齢が上の設定なので、実際のところ好んで見てた昔の映画以外は何を言っているのかさっぱり・・・
でも、同年代(おそらく私より一回り位年上)の人は本題よりもこちらに共感したかもしれない。

桃太郎の話とかは、他の作家さんの話でも似たような解釈の話がありました。
そういうことなんだよね。
鬼をどう見るかってことなんだよね。

そして「擬人化」
高田さんのQEDで安倍晴明の式神が「蛙」を殺したのを「可哀想に」と言ってたけど、実際は人間のこととあった本に物凄く納得がいっていたのを思い出しました。

やっぱりこの手の話はどこかでつながっているようです。

読んでいる分には面白いけれど、こんな変なマスターがいる店に一人で飲みにいく東子さんってかなり変人かメンタル強いかどちらかかと・・・・
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する