igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

映画「空飛ぶタイヤ」を観ました



久しぶりに「グレイテスト・ショーマン」以外の映画を観ました(笑)
チケット買いに行ったら長蛇の列で!
この映画館でこんなことなくて驚きまして、「こんなにも空飛ぶタイヤ見に来た人いるのか?」と思ってましたら同時刻に上映の「万引き家族」の影響だったみたいです。
空飛ぶタイヤは・・・まぁいつものこの映画館の人員でした。

私も旦那も原作は読んでいるので先の展開も結果もわかってましたが、そのせいか少し違和感がありました。

そのシーンはですね、

ハブが登場しなかった!!

この話は三菱・・・ではない。つい三菱って書きたくなるのはなんでだろう。
「ホープ自動車」に取り上げられたハブを返してもらうも、ようやく戻ってきたハブが酷い状態で、でもそこから真実をつかみだしたんじゃなかったかなぁー。

ちなみに旦那曰く、撮影に使われていたホープ自動車は「日野自動車」のトラックを使っていたそうです。
なるほど。三菱は使わせてくれなかったんだね。
そして、さすがに日野もハブまでは見せてくれなかったんだね。

必要なシーンだと思ったんだけどなぁー。

で、ディーン・フジオカが主役か?ってくらいディーンの役割が濃く、
そしてクレジット3番目に名前が載っていた高橋一生が恐るべしチョイ役。

いや・・・役としては美味しいかもしれないけれど、いかんせん登場時間が少なくて。

主役の長瀬くんはねぇー。申し訳ないけどイメージと違ってた。
もう少しずんぐりむっくりのおじさん社長だと思ってましたので。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する