igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「幻肢」 島田荘司



幻肢 島田荘司

医大生・糸永遥は交通事故で大怪我をし、一過性全健忘により記憶を失った。治療の結果、記憶は回復していくが、事故当時の状況だけがどうしても思い出せない。不安と焦燥で鬱病を発症し自殺未遂を起こした遥は、治療のためTMSを受けるが、治療直後から恋人・雅人の幻を見るようになり…。


なかなかな話でした。

何というか・・・・2人ともメンタル強いよね(^-^;)
普通はこういうラストにはならない。

ついでに言うなら、雅人が恋人だっていう遥の叫びすら、
もしかしたら妄想??なんて疑っておりました。
だって、雅人登場しないし。

死んだ雅人に会いたくて、脳に刺激を与えて雅人の亡霊を
見ることになり、だんだんと元気になっていく遥。
でも、その治療法では治っても余計辛いのではないか?
なんて思うのです。

永遠に脳に刺激を与えていくと廃人になるのでは??

と、心配していた矢先に真実が分かり、
唖然呆然・・・君たち・・・大丈夫なのか?
この先、同じことが起こるとか考えないのか??

私だったらイヤだよー。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する