igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「幻霙」 斉木香津



幻霙 斉木香津

同棲している彼女・桃里から、無差別殺傷事件を起こした犯人に似ていると言われた蒼太は、どこが似ているのか気になり、殺人犯との類似点を探っていく…。-蒼太と桃里が交互に語る二人の日常は、一見平穏。だが物語が進むにつれ、日常は不穏なものになり、蒼太の違う一面が見えてくる。果たして桃里は?巧みな心理描写に、一気読み必至の長編ミステリー。

とても暗かった。

面白かったけれど、あぁー、やらかしてしまったんだね。
西澤さんの本にあったなぁ。この手の話。

こうして読んでみると「母親」っていうのはいかに子供に影響を与える存在かと思います。
母親に認めてもらわないと、自分の存在価値とか心配なんだよね。
しかし・・・ここまで自己中の親とかいないなぁー。
読んでて怖いし。
自分の親がこんな人じゃなくて良かったと思う。

蒼太の母親はどういえば息子にピンポイントに傷つけるかを熟知しているので結果あんな大人になった蒼太。
臭いと言われるのを極端に嫌い、異常とも言えるくらい臭いを気にする。

ひと昔前のネットは今こそSNS時代ではなく、掲示板とかチャットとかあったねー。懐かしい。
オフ会なんてのも普通にありました。
20年も前の話ですが、今でもその時にあった人とは仲良くさせてもらってますし、当時のネット世界は今とは違ってたねー。
まぁ20年前の話だしね(笑)

蒼太が掲示板で知り合ったAIAI22だっけ?こんなハンドルの人が実は犯人だったんじゃないかと思いましたが、実際はどうだったんだろう???
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する