igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「ドクター・デスの遺産」 中山七里



ドクター・デスの遺産 中山七里

安らかな死をもたらす白衣の訪問者は、聖人か、悪魔か。警視庁vs闇の医師=極限の頭脳戦が幕を開ける。どんでん返しの帝王が放つ、息もつかせぬ警察医療ミステリ!

【目次】
望まれた死/救われた死/急かされた死/苦痛なき死/受け継がれた死


犬養シリーズ。
男性の嘘は分かるけれど、女性の気持ちは分からないという人ですが、どうやら子供の気持ちも分からないようです。

安楽死は殺人か。っていうテーマです。

でもねぇー、今は犯罪で殺人だけど、死ぬ権利っていうのは本人にないのか!?
とも書いてます。
自殺っていっても、病気で辛くて辛くてもう耐えられなくても、ビルから飛び降りる体力もなければ首吊る体力もないワケでしょー。

薬1つで楽になれるとなると、それにすがるのもわかる気がします。

ラスト犬養は刑事と一人の男との立場で究極の選択をします。

まぁ私でも犬養と同じことしますし、犬養を責められるわけないし。
もちろん、ドクター・デスのこともね。

早くそういう法が出来るといいのではと思います。
今は本当に長寿化社会だし、延命だったり延命拒否だったりしますが
どっちにしろ消極的だと思います。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する