igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「屋上の道化たち」 島田荘司



屋上の道化たち 島田荘司

まったく自殺する気がないのに、その銀行ビルの屋上に上がった男女は次々と飛びおりて、死んでしまう。いったい、なぜ?
「屋上の呪い」をめぐる、あまりにも不可思議な謎を解き明かせるのは、名探偵・御手洗潔しかいない!
「読者への挑戦」も組み込まれた、御手洗潔シリーズ50作目にあたる書き下ろし傑作長編! 強烈な謎と鮮烈な解決! 本格ミステリーの醍醐味、ここにあり!


今回も物語に熱中し、忘れかけてた頃に御手洗登場。
「あ!御手洗シリーズだった」
本当に、物語も後半になるまで登場しない主役がどこにいるのか。

ものすごく面白くて、どうして屋上から飛び降りるんだろう?
「本格」だからきっとしっかりと解決があるはずだ!「本格だし!」
と、思うじゃないですか。

実際の解決編になり、御手洗の相棒の石岡君が「えー!」「えー!」と
御手洗の発言のたびに「えー!」を連発するのですが、
全くその通りで。

これは「えー!?」以外なにものでもない。

っていうか、んなバカな・・・

という・・・いや・・・イメージは浮かぶのですが、
そんなことが起こる確率はいずこ?
そんな0.00000・・・%の確率なのに、本格って・・・

あまりにも奇天烈な結果に少し遠いところを見てしまいました。
でも、話は面白かったなぁー。
トム・クルーズ似の彼のその後が気になりますが。
関連記事
とても魅力的な不可思議状況が提示され
いったいどう決着つけるのかと読み進めました。

”これは「えー!?」以外なにものでもない。”

そうですよねえ。

でもこれが本格の論理なのか!
[ 2018/05/30 18:35 ] [ 編集 ]
>面白半分さん。
わーい。面白半分さん、この本を読まれたのですね。
これは・・語りたい(笑)
これはねー、本当に。はい。
同じ島田さんの「斜め屋敷」じゃないけれど、
想像を絶する「本格」です(笑)
[ 2018/05/31 16:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する