igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「五十坂家の百年」 斉木香津



五十坂家の百年 斉木香津

その朝、双子の老姉妹が手に手をとり、崖から飛んだ。疎遠だった子らが葬儀に集い、やがて武家屋敷の床下に隠された四体の遺骨を見つけ出す。これは誰?いつからここに?金貸し一族の淫靡で切ない歴史と、“乙女”のゆがんだ欲望を描き出した、背徳のミステリー。

初めましての作家さん。
面白かったけど、意外と時間かかったなー。

えーーーっとですね、何というか感想に困る。
歪んでるよね。確かに。

この一家が変といえば変で、ダントツに瑠理子がイカレているんだけどね。
当時の世相からしても考えられないような気はするんだけど。
瑠理子の策略(?)にハマって、公一郎と結婚することにになった
瑠理子の同級生の弥生は気の毒ではあります。
病気の舅とぼけた姑。
家事を何ひとつやらない小姑=瑠理子。

うーーーん。無理。

そんな中でいろいろと壊れていくんだよね。

物凄く盛り込んでいたので解決編にはガッカリしました。
なんかとても物足りない。
最初にここまで不気味な雰囲気だと解決編で
どーーーーーーーーーーんっ!と盛ってくるのかと
思ったのですが、そんなことはなく
「え??そうなんだ」と少し寂しい気持ちになりました(笑)

関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する