igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「ψの悲劇」 森博嗣



ψの悲劇 森博嗣

遺書ともとれる手紙を残し、八田洋久博士が失踪した。大学教授だった彼は、引退後も自宅で研究を続けていた。
失踪から一年、博士と縁のある者たちが八田家へ集い、島田文子と名乗る女性が、実験室にあったコンピュータから
ψの悲劇」と題された奇妙な小説を発見する。そしてその夜、死が屋敷を訪れた。失われた輪を繋ぐ、Gシリーズ後期三部作、第二幕!


発売されたというのを知り、いてもたってもいられず購入。
その後、「買った本」としてブログにあげる間もなく到着した日(昨日)に読了。

1080円があっという間に消費してしまった感www

前作死んだはずの島田文子がまた登場。
見た目は20~30代ってことで、「あれ?前回の『χの悲劇』より前の話?」と
思ったら違うんですってー。
それよりも後の話。

もうね、人間なんて外側とか入れ物はなんでもいいみたい。
要するに中身。意識とでもいうべきかな。

物凄い未来の話のはずなのに、スーパーマーケットとか登場するし、
おもちゃ屋でプロペラ売っているし、そこら辺はチグハグです。

こうしてどんどんと「四季 冬」の世界に入っていくんだろうなー。

次回でGシリーズ完結ですが、皆々様が気にしている赤柳の正体。
Vシリーズの人であるはずの赤柳さん・・・
私の予想ですが、森さんはそこ、かすりもしない気がする(^^;;)
この流れでいってねぇ。
そこ説明してくれるかなぁー。怪しい・・・(笑)

あとは壮大なネタバレにて書きますね。
発売したばかりだからまだ堂々と書きづらいです(^^;)






ということで、壮大なネタバレです。

私は森さんのシリーズを去年の8月から一気に読んだわけで
だからこそわかる。
253ページ!
そこで、おもちゃの飛行機のプロペラを見て何故か涙した気になった八田。

ここで気づいた。

この八田はへっ君であると。
Vシリーズのへっ君ですが、他のシリーズでは他の名前で登場してます。

へっ君はそりゃとても飛行機が好きで。
ラストに自分の経歴とかふと思い出したようだし。

そう思うとタイトルから何から何まで全部つながるのですが、
しかし、八田という入れ物の中になんでへっ君がいるのか。

そういう理由まではわからなかった。
四季さんはへっ君に執着してたからなぁー。
長生きしてもらいたかったのか?

でも、こうなってまで長生きする意味あるのかな。
ちょっと疑問。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する