igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「チュベローズで待ってる AGE32」 加藤シゲアキ




チュベローズで待ってる 加藤シゲアキ

2025年。ゲーム会社に就職した光太は、気鋭のクリエイターとして活躍しながらも、心に大きな喪失感を抱えていた。そんな彼の前に、再び現れたチュベローズの面々。折しも、不気味な女子高生連続失踪事件が世間を騒がせ、光太が心血をそそぐプロジェクトは大きな壁にぶつかろうとしていた。停滞した時間が一気に動き出そうとするなか、否応なしに過去と向き合った末に、光太がたどりついた10年前の恐ろしくも哀しい真実とはー。

正直失速したなーと。
連続して読まなかったせいもあるかもしれませんけれど、
光太も32歳になって守りに入ってしまった感じがしました。
結婚しているわけでもないし、家族、恋人がいるわけでもない。
でも、会社での地位があるんだよね。

なので、美津子の甥が登場しても保身というか、そういう感じに思える。
それはそれで光太の成長だからいいんだけど、ユースケ@甥にしたら
許せないんだよねー。

しかし・・・自殺した伯母の復讐って・・・??
ちょっと疑問ではある。

ラストは綺麗な終わり方になりましたが、そこにも登場する10年の壁。
これが1年後だったり2年後だったりすると私の気持ちも違うけれど、
結果として10年後だもんね。

なんかモヤモヤ感がもんのすごい。
2025年の話ってことなので、DTっていう無人タクシーが登場
してましたがリアルにこれはありそうだ。

そしてタイトルなのにほとんど登場しなかったチュベローズ(T_T)
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する