2021年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2017.10.21 (Sat)

「かがみの孤城」 辻村深月



かがみの孤城 辻村深月

どこにも行けず部屋に閉じこもっていたこころの目の前で、ある日突然、鏡が光り始めた。輝く鏡をくぐり抜けた先の世界には、似た境遇の7人が集められていた。9時から17時まで。時間厳守のその城で、胸に秘めた願いを叶えるため、7人は隠された鍵を探すー

相変わらずこういうの書かせたらうまいねぇー。
最近は辻村さんも結婚出産したせいか作風が変わりましたが、
これは初期のころの痛々しい子 盛りだくさん(^-^;)
読んでて痛い・・・痛すぎる・・・

私の学生時代、多かれ少なかれこういう経験もありましたが、
この話に比べたら、もう、ほんと。
ないに等しいです。
あぁ平和な学生時代だった(笑)

しかし、真田美織こえぇーよ。
こんな子にターゲットにされたら確かに私も学校に行けなくなるかも。
最初は理解してくれなかったお母さんがこころに理解者になってくれた
ということは読んでてほっとしました。
先生もね。学校の先生も確かに人だからいい先生もいれば、そうでない
先生もいますね。最近ニュースでもありましたし。
先生の質が落ちているのか。それとも時代なのか。


本の話に戻りまして、
「時間」が関係してあることには気づきましたが、
「こころ」が主役であると思いきや、実はあの孤城はこころ以外の人のものだったー。
最後明るい終わり方でほっとしました。
関連記事
05:00  |  辻村深月  |  トラックバック(1)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

さすがの本屋大賞作品でした。
展開に目が離せなかったです。
エピローグまで通して、素晴らしい小説でした。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。
藍色 |  2020年02月21日(金) 05:56 |  URL |  【コメント編集】

●>藍色さん。

いつもありがとうございます。
こちらからもよろしくお願いします。
igaiga |  2020年02月21日(金) 13:19 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/3413-dbfb9c1c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

「かがみの孤城」辻村深月

あなたを、助けたい。 学校での居場所をなくし、閉じこもっていたこころの目の前で、ある日突然部屋の鏡が光り始めた。輝く鏡をくぐり抜けた先にあったのは、城のような不思議な建物。そこにはちょうどこころと似た境遇の7人が集められていた―― なぜこの7人が、なぜこの場所に。すべてが明らかになるとき、驚きとともに大きな感動に包まれる。 生きづらさを感じているすべての人に贈る物語。一気読み必至の著者最高...
2020/02/21(金) 05:53:45 | 粋な提案

▲PageTop

 | BLOGTOP |