igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「血縁」 長岡弘樹



血縁 長岡弘樹

誰かに思われることで起きてしまう犯罪。誰かを思うことで救える罪。親しい人を思う感情にこそ、犯罪の“盲点”はある。七つの短編を通して、人生の機微を穿つ、ミステリの新機軸。

【目次】
文字盤/苦いカクテル/オンブタイ/血縁/ラストストロー/32-2/黄色い風船


短編集でものすごーーーくイヤな話もあるんだけどそれがものすごく好みです。
イヤミス好きな人はオススメ(*´ω`*)

表題作の「血縁」とかねー。
すんごくイヤな姉なの。
それは本当なのか??そうなのか??
と思っていたら本当で。
うわーーー最悪じゃないっ。
うわ。うわ。ってくらい最悪で面白かった(〃ω〃)

「オンブタイ」も最初から最後までイヤでねーーー。
読んでてゾクゾクしました。

短編が上手な作家さんなんだねー。
短い話ながら毒がものすごくて、毒に当てられながら一気に読了。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する