igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

買った本 6月23日とか「大相撲殺人事件」とか

楽しみにしてた本を買いました

「化学探偵Mr.キュリー(6)」 喜多喜久



ずっと続いているシリーズものですが、コンスタントに発売されているので忘れることなく読めます(^^)

「大相撲殺人事件」 小森健太郎



これは注文中です。
一度廃版になったのがワケ↓あって再販することになりました~。

ワケとは。
ある日ツイッターに「衝撃的なあらすじに惹かれ購入」と流れてきた画像に私も衝撃を受けました。

これがネットで評判になって読みたくて読みたくてでも2008年の本だったので
売ってなくて泣きそうで中古は高いし、もう廃版になっているので中古がこんな扱い

↓↓↓

アマゾン


30000円はないだろー。゚(゚´Д`゚)゚。
人の足元見やがって。
で、文春文庫さんにメールしたりなんだりしたら、先行して電子書籍が発売になりまして、
そして後日紙の本が発売されたわけです。

ちなみに背表紙のあらすじによると・・・

ひょんなことから相撲部屋に入門したアメリカの青年マークは、将来有望な力士としてデビュー。しかし、彼を待っていたのは角界に吹き荒れる殺戮の嵐だった!立ち合いの瞬間爆死する力士、頭のない前頭、密室状態の土俵で殺された行司・・・本格ミステリと相撲、その伝統と格式が奇蹟的に融合した伝説の奇書。解説・奥泉光



自分であらすじ打ち込みながら笑ってしまった。
いろいろと酷いよね(笑)
頭のない前頭って・・・ww
しかも、解説が奥泉光さんっ!
解説ごと読みたいっ!

何というか、このあらすじだけで元とった気がするくらい読むたびに笑っちゃいます。
この背表紙に引き付けられて買いましたよっ。
読むのが楽しみ。
きっと超くだらない気がする。
それでもいいっ(笑)
関連記事
「大相撲・・・」これは凄そうですね。
中古価格にも驚きますが
あらすじにも驚きます。

って最高に面白そうです。
[ 2017/06/29 21:42 ] [ 編集 ]
>面白半分さん。
でもまだ「発送の連絡」には至っておらず。
もんもんとしております(笑)
あらすじは何回見ても笑えます。
どういういきさつがあれば「ひょんなことから相撲部屋に入門」するんだろう(笑)
読むのが楽しみです。
[ 2017/06/30 08:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する