2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2017.06.22 (Thu)

「密室本能寺の変」 風野真知雄



密室本能寺の変 風野真知雄

上さまをもっともお慕いしているのは、この光秀であるー天正十年(一五八二)六月一日。織田信長は茶会を催すため、わずか三十人の警護を伴って京の本能寺に入った。そこに集まったのは信長に恨みを持つ公家や豪商ばかり。警護の増員を求める森蘭丸の進言を、「防備は城塞のごとくで、寝所は密室。誰も入れぬ」と聞き入れない信長。一方、明智光秀は、此度の京入りは状況を過信したしくじりと憂えていた。そして、信長が誰かに殺されるのをみすみす許すくらいならばわが手で、と挙兵を決意する。だが翌日、本能寺を取り囲んだ光秀は、信長がすでに殺害されたことを知る。いったい誰が?どうやって?恋敵ではあるが、切れ者の蘭丸は何をしていた?憤怒に包まれた光秀の犯人捜しが始まった!

・・・っていう「とんでも」な展開でありました。
「先に殺そうと思ってたのにっ!!」
ってことで地団駄踏んで悔しがる光秀です(笑)
「一体だれが殺ったんだ!?」
と、探偵役をやっておりました。

まぁそれは物語の後半なんだけど、前半がねぇー。
BLだった(´・_・`)

わたし、普段昼休みに本を読むのに。
織田信長と森蘭丸のご寵愛の様子を読まされても・・・( ノД`)
(まぁ史実通りなのだろうが)

しかし、そういえばわたしは森蘭丸についてほとんど知らなかったのだけど、
この「本能寺の変」で死んでたのかー。
しかも18歳。
気の毒に。

・・・いろいろな意味でも。

そうか。「はいからさんが通る」の蘭丸はこの森蘭丸からきてたのか。
と、今日ようやく気付きました。

この「とんでも設定」ではありましたが、織田信長が困った人であって、
躁鬱の気が激しくて、いろいろと家来泣かせであったっていうのは
どの本を読んでも一緒みたい。
関連記事
05:00  |  風野真知雄  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

都内の書店行くと大量に平積みされているので気になっていたんですが、半分BL系なんですね。この時代は当たり前の事ですけど。

森蘭丸の親兄弟は皆美形、性格は全員過激、子孫も江戸時代になってから色々やらかしてる有名なファミリーです。
blue-mercenary |  2017年06月22日(木) 07:48 |  URL |  【コメント編集】

●>blue-mercenaryさん。

半分というよりは、4分の1がBLですねー。
それほどではないと思いますが・・・
ご寵愛されてたのは事実でした(笑)

でも、森蘭丸ファミリーが気になります。
美形で過激ってなんかとても興味そそります(^^)
歴史もの今まであまり読んできてないので、
ここにきて不勉強ながら読んでいる最中です(^^)
igaiga |  2017年06月22日(木) 08:03 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/3325-b90adcc7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |