2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2017.06.15 (Thu)

「はなとゆめ」 冲方丁



はなとゆめ 冲方丁

なぜ彼女は、『枕草子』を書いたのかー。28歳の清少納言は、帝の妃である17歳の中宮定子様に仕え始めた。華やかな宮中の雰囲気になじめずにいたが、定子様に導かれ、その才能を開花させていく。機転をもって知識を披露し、清少納言はやがて、宮中での存在感を強める。しかし幸福なときは長くは続かず、権力を掌握せんとする藤原道長と定子様の政争に巻き込まれて…。清少納言の心ふるわす生涯を描く、珠玉の歴史小説!

数年前に新聞小説で読んではいたんだけど、今回かりんトウさんからお借りして読んで~

「あれ?」

と、思ったら加筆修正あったみたい。
「文庫化にあたって」って書いてたけど、もしかしたら単行本の時も加筆修正あったのかなー。
なんか・・・中宮定子が割とあっさり亡くなっていたような。
でも、こういう場合って新聞読んでた時のインパクトが強くて自分の中で物語出来上がってたりするんだよね。
実際の加筆はここじゃなかったみたいな(笑)

それにしても中宮定子は可愛らしくて聡明な女性だったんだなーと。
ただただそれだけです。
清少納言を虜にし、枕草子を書くきっかけになった人。

枕草子は今でいうところのエッセイだったりブログだったり。
結構好き勝手書いていたようです。
それも「中宮様に笑ってもらいたい」という意味で書いているので当然と言えば当然のよう。

で、この本って解説もまたいいんです。
この時代の背景などがあって、枕草子が世に広まって
「あの時代はいい女房がたくさんいたんだね」
って言われ、その次の時代を生きた紫式部がかなり腹を立ててたとか(笑)

解説込みで読むと面白さ倍増です。
関連記事
05:00  |  冲方丁  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/3312-bfefdfe8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |