2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2017.06.14 (Wed)

「古書屋敷殺人事件」 てにをは



古書屋敷殺人事件 てにをは

推理小説好きな高校2年生のひばりは古書店を営む枯鳥らと山あいの旧家へ。そこは大量の古書に埋もれた古書屋敷だった。その古書の買い取りのため、せどり師らと競って本の査定を始めるひばりたちだが、やがてひとつ目の殺人事件が…。女学生探偵・花本ひばりは事件を解決できるのか!?そのとき偏屈作家・久堂蓮真は!?大人気ボーカロイド曲「古書屋敷殺人事件」を作者が自らノベライズ!女学生探偵シリーズ小説版第2弾!!

戦後が15年前という設定なので、昭和37年くらいの時代背景かな。
横溝正史も真っ青になりそうな連続殺人が起きて、
でもって・・・ラストが・・・

もんのすごーーく混乱しました。

あれれ???
あの人だと思っていた人は、実はあの人で・・・で、
でも、さらに進化(?)してこの人になって・・・

で、ひばりちゃんの首を絞めて殺そうとしたのが実はあの人で・・?

えーーーー。分からなくなった(;´Д`)


っていうか、盛り込みすぎだよ。絶対。

このシリーズは先生とひばりの兼ね合いが楽しみの一つなのですが、
ドSでツンデレの先生がたまらなく可愛いと思う。うむ。

本を読んでいる途中でしおり代わりにページを三角に折ることを「ドッグ・イヤー」というらしい。折り目が犬の耳みたいなんだって。
この時代にそんな言葉があったかどうかは謎ですがw
私はこれは絶対にしなーい。
ほ・ほ・ほ・本を折るなんてっ!!!
しおりがない場合は、帯を使ったり、そこら辺の紙をはさんだり(先日はどなたさまの名刺使ったw)、
酷い時はティッシュペーパーをはさんだりします。
それすらない時は今のページ数を暗記します。

だからページは折らない・・・のよ。
関連記事
05:00  |  てにをは  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/3311-e009ee20

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |