2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2017.06.07 (Wed)

「フォークロアの鍵」 川瀬七緒



フォークロアの鍵 川瀬七緒

千夏は民俗学の「口頭伝承」を研究する大学院生。老人の“消えない記憶”に興味を持ち、認知症グループホーム「風の里」を訪れた。入所者の一人・ルリ子は、夕方になるとホームからの脱走を図る老女。会話が成り立たない彼女の口から発せらせた「おろんくち」という言葉に千夏は引っ掛かりを覚え…。乱歩賞作家の傑作長編・深層心理ミステリー。

えーーーーー(笑)
こんなにウマくいくわけないじゃーーーーーん(笑)

という感想です。
でも、こうであってほしいという気持ちはあります。

認知症グループホームに昔の伝承や民俗学を学ぶために通っているんだけど、
本当に困ったーってくらいの認知症なのにだんだんと認知症でアルツハイマーとか
言われているジジババたちがまともになっていく。

えーーーーーー(笑)

となるわけです。
だって全員よ。全員!!!!
そんなことがあっていいのか、うらやましすぎるww

でも、確かに私の身近の年寄りを見ていると、昔のことは本当に覚えてます。
昨日のことはもう無理だけどw
だから昔のことを話して記憶を刺激するっていうのは分かるわー。
しかし、刺激が強すぎると退行してしまい、またご飯食べたことも忘れるらしい(^^;)

肝心の民俗学は結構怖かった。
でも、この手の伝承って不思議に迫力があります。
関連記事
05:00  |  川瀬七緒  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/3300-43220e2b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |