igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「失踪者」 下村敦史



失踪者 下村敦史

2016年、ペルー。山岳カメラマンの真山道弘は単身シウラ・グランデ峰を登っていた。10年前、クレバスに置き去りにしてしまった親友・樋口友一を迎えに来たのだ。長い間待たせて悪かったなークレバスの底に降り立ち、樋口を発見した真山だったが、その遺体を前に驚愕する。極寒のクレバスに閉じ込められた遺体は、歳を取ることなく凍りついてしまうはず。しかし、樋口は明らかに10年前より年老いていたのだ!まさか、樋口はあの時生還していたのか?

面白かったです。
死体が老いていた謎というのは、そのまんま樋口がその後も生きていたという事なのですが、
10年後に結局遺体で同じ場所で見つかる。
その真相を知ったとき・・・
私は思わず・・・

もう一度読み返しました(´・ω・`)

オトコノ友情ヨクワカリマセン(;´Д`)

ってことで、ラストを何回か読み返し、ようやく100%女の脳である私にも理解することが出来たという。
えーーー。
なんか勇気いるっていうか、怖いな。
でも、10年前の「死」の真相というのはすんなり理解できました。

でも、山に登るといっても、「自分が生きていくうえでの登山」が有線であって、
一緒にK2を登れなかった真山を責めるのはおかしい。
そういう意味では樋口はおこちゃまだったと思う。

こういう樋口みたいな人は実際男だけではなく、女にもいる。
なんというか人との距離感がつかめない人なんだろう。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する