2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2017.05.04 (Thu)

「サーベル警視庁」 今野敏



サーベル警視庁 今野敏

明治38年7月。国民が日露戦争の行方を見守るなか、警視庁第一部第一課の電話のベルが鳴ったー。殺された帝国大学講師・高島は急進派で日本古来の文化の排斥論者だという。同日、陸軍大佐・本庄も高島と同じく、鋭い刃物で一突きに殺されたとの知らせが…。警視庁第一部第一課は、伯爵の孫で探偵の西小路や、元新選組三番隊組長で警視庁にも在籍していた斎藤一改め藤田五郎とともに捜査を進めていくがー。帝国大学講師・夏日漱石、小泉八雲、ラファエル・フォン・ケーベルなど伝説の講師陣も登場!警察小説の第一人者が、初の明治警察に挑む!

隠蔽捜査以外の作品はほぼほぼ残念な今野作品ですが、
性懲りもなく手に取ります(笑)

これは帯に斎藤一の文字を見たから。
「おぉっ!!!斎藤さんではないか!!」
と、喜んで読んでみたが・・・

うーむ。

私のイメージする斎藤一ではない。
まぁこれは藤田五郎(斎藤一)が年をとり警察やめてしまった時代のものなのだろうけれど。

私のイメージする斎藤一に協調性なんてこれっぽっちもない。
そのせいか、妙な違和感がつきまといました。
私がこの本の前に読んだ斎藤一本は浅田次郎さんの本だったせいか、
何というか・・・しっくりこないなー。

逆に藤田五郎を除いたメンツがかなり良く。
狂言回しの岡崎にしろ、鳥居部長にしろ、ついでに西小路なんかも味があってよかった。
藤田目的で読んだ本とはいえ、藤田だけが邪魔だった(笑)
今度は藤田を除いたメンバーでの話が読みたいという・・・
作者さんにとってはあってなはらないような感想を持ちました(´・_・`)
関連記事
05:00  |  今野敏  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/3276-ecb0f105

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |