igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「聖母」 秋吉理香子



聖母 秋吉理香子

幼稚園児が遺体で見つかった。猟奇的な手口に町は震撼する。そのとき、母はー。ラスト20ページ、世界は一変する。『暗黒女子』の著者が放つ驚愕の長編サスペンス・ミステリー

秋吉さんを一気に人気作家に押し上げた1冊かなーと思ってます。
そのせいでなかなか手に取れなかったー。

真琴に関しては最初からずっと(ネタバレにつき反転→)女性だと思っていたし、
他の人と触れ合いたくないということから見ても、某事件の被害者だなと思ってました。

ラスト20ページで世界は一変するってまさかこれか?と思って読んでいたら、
真琴のことが分かったのは確かに後半だけど、まだ20ページ以上はあるよな~。

・・・・と、思っていたら確かに一変したっていうか・・・驚いた。
おかあさん・・・・(呆然)
親は子供を守って当然ではあるが・・・
守りかたが私の遥か斜め上をいってた・・・

行動力があるっていうのはものすごい。
全てにおいて雑すぎるんだけど、
この雑さがかえって気づかれないのかなー。

坂口&谷崎の刑事コンビがよかっただけに勿体ない。
この2人にはまた再登場してもらって今度こそ素晴らしい活躍を期待したい。
関連記事
こんにちは。

このお母さん衝撃でしたよね。怖い。
妊娠中に読んだので微妙な気持ちになりました。
いや、あそこまでの母親にはならないというかなれないと思いますけれど…(´ε`;)
私も刑事コンビ気に入ってました。優秀そうな二人だったのであのラストになるとは思ってもみなかったです。再登場私も読んでみたいです。
[ 2017/04/24 20:42 ] [ 編集 ]
>さやさん。
これは怖かったですよねー。
妊娠中に読みましたか(^^;)
でも、ぱな太郎ちゃんにすると心強かったかもー。
おかあさんファイトですっ!
刑事コンビよかったですよね。あんな終わり方にしてしまって
刑事コンビはお気の毒としか言えません(T_T)
[ 2017/04/25 08:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する