2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2017.04.19 (Wed)

「がん消滅の罠」 岩木一麻



がん消滅の罠 岩木一麻

治るはずのないがんは、なぜ消滅したのかー余命半年の宣告を受けたがん患者が、生命保険の生前給付金を受け取ると、その直後、病巣がきれいに消え去ってしまうー。連続して起きるがん消失事件は奇跡か、陰謀か。医師・夏目とがん研究者・羽島が謎に挑む!医療本格ミステリー!2017年第15回『このミステリーがすごい!』大賞・大賞受賞作。

このミスだった~(;・∀・)

毎回ミステリーの枠を超える作品を受賞させる頭かしげる賞でしたが、
今回はちゃんとミステリーでした。

しかし・・・どうしても海堂さんの二番煎じというイメージが・・・
特にラスト、「螺鈿迷宮か!」と心で一人ツッコミしてました。

初期のがんなのに、転移して、そして転移したがんが消える。
その謎に夏目とか羽島が挑むんだけど、
やっぱり医療は難しいんだよねー。
先生にへそ曲げられたら患者は死ぬしかないし。
そこが分かっているので先生はいつもえらい(^^;)

しかし・・・手術で初期のがんを切除して、その切除したがんを育ててまた体内に戻して
増やす・・・
そういうことが可能なのかなー。
実際に作者さんはそのようなお仕事に就いているようです。
夏目の立場そのまんまなのかなー。
もしかしたらマウスか何か使ってやっているかもしれないんだけど、
そこのところがどう考えてもしっくりこなかった。

しっくりこなかったというと、ラストの羽島の過去っていうか、
なんじゃありゃ?

まぁ黒幕がそっち方向に手を染めるキッカケだったらしいけど、
物語の終盤になって言われても「なんじゃそりゃ?」としか言えない。
関連記事
05:00  |  その他あ行の作家  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/3264-4e8228ef

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |