2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2017.04.12 (Wed)

「神の時空 京の天命」 高田崇史



神の時空 京の天命 高田崇史

松島、天橋立、宮島。日本三景と呼ばれる名勝が次々と崩壊炎上し、籠神社では神職が惨殺される。高村皇らの最大の仕掛の始まりだった。神々を鎮めるため、辻曲兄妹と関わりのある女性たちが全国の神社に散る。摩季が亡くなり六日目、「死反術」を執り行う期限も迫る。八年前、天橋立で辻曲夫妻を巻き込んだ大事故の真相とは?これまで日本の怨霊を揺り起こしてきた高村皇の真意が明かされる。

この摩訶不思議なシリーズが終わりました。

が。

私は高田さんのファンなのであまりキツイことは書きたくないのですが・・・



書くね(・ω・)



次女の摩季が殺されて、生き返らせるためにドラゴンボールみたいなのを集めて、生き返らせようと辻曲兄妹が頑張るのです。
でも、ほぼほぼ活躍するのは妹2人で、兄はひたすら部屋に閉じこもって術の準備しているので途中から存在がなくなっていた(爆)

主役は(おそらく)陽一なんだけど、この陽一も「は?」という設定であって、
それをここで書くわけにはいかないんだけど、ある意味特殊な感じ。

ドラゴンボールを探すのは陽一と辻曲妹2人の3人。
あとは現地で知り合った人たちなんだけど、初七日までになんとかしなくては!

って感じなので実はこの本はエピソード0的な2巻を除けば6日間の話の本なのです。
なのでめっちゃリアリティがない(笑)
まぁ陽一君の設定やら人の黄泉がえりなどを考えると最初からリアリティはないんだけど。

で、まぁ終わったのですが・・・グリ(猫)と六道さんとの関係が分かったくらいで
あとは何一つわからなかった。
8年前の交通事故も解決されるのかと思ったり、まぁ陽一くんの件もあるし、
うろついていた刑事。たくさん。たくさん。

今までQEDとカンナと毒草師とどのシリーズも面白かったのに、
これは・・・ない(;´Д`)

まぁ高田さんが書きたいことはわかるのよ。
神様を敬いなさい。
と、シンプルに書けばそれの一言に尽きると思う。
神社というのはほぼ怨霊を祀っている場所であって、必ず意味がある。
なので気軽に行くのではなく、しっかりと御手水で手を洗い口をゆすぎなどなど
ありますが、最近はそういう傾向もなく・・・と嘆いている感ありありで・・・

それはわかるんだけど、それとこのシリーズとは話が違うよなーと思いました。

関連記事
05:00  |  高田崇史  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/3261-eb81ae5d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |