igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「邪馬台国はどこですか?」 鯨統一郎



邪馬台国はどこですか? 鯨統一郎

カウンター席だけの地下一階の店に客が三人。三谷敦彦教授と助手の早乙女静香、そして在野の研究家らしき宮田六郎。初顔合わせとなったその日、「ブッダは悟りなんか開いてない」という宮田の爆弾発言を契機に歴史談義が始まった…。回を追うごとに話は熱を帯び、バーテンダーの松永も教科書を読んで予備知識を蓄えつつ、彼らの論戦を心待ちにする。ブッダの悟り、邪馬台国の比定地、聖徳太子の正体、光秀謀叛の動機、明治維新の黒幕、イエスの復活ーを俎上に載せ、歴史の常識にコペルニクス的転回を迫る、大胆不敵かつ奇想天外なデビュー作品集。

【目次】
悟りを開いたのはいつですか?/邪馬台国はどこですか?/聖徳太子はだれですか?/謀叛の動機はなんですか?/維新が起きたのはなぜですか?/奇蹟はどのようになされたのですか?


想像以上に面白かった。
裏歴史モノが好きなので、高田崇史さんの本をよく好んで読んでますが、
鯨さんの本も私には合うのかと再認識。

聖徳太子と織田信長については、それこそ高田さんだったりとか他の人の本で書かれていたので、「ここにも同じ説があるっ!」と喜びましたが、邪馬台国はねー。意外だった。

東北説を唱えてます。
もっと具体的にいうなら「岩手県説」
邪馬台国が岩手だよーーー!!!

でも、宮田さんが唱えた説によるとしっくりくる。
最後とどめとも言える一言に「そうかっ!!」とも。
っていうか、なんで気づかなかったんだろう。

今まで邪馬台国に関して興味なかったんだけど(^^;)
これは面白かった。

悟り(ブッダ)とか奇蹟(イエスキリスト)とかはあまり興味ないんだけど(^^;)
あとはーー、維新か。
私も「黒幕」と書いている人が実は何気に実権を握っているのではないかと思ってました。
私がこういう考え方をしているというのは以前何かで読んだのかも。
さすがに催眠術師までは気づかなかったけど。

次も楽しみだーーー。
関連記事
鯨さんのこの傾向の作品群は面白いですね。
他にもトリッキーなものもあり多作です。

でも当たりはずれは大きいのでご用心、かな?
[ 2017/03/18 14:23 ] [ 編集 ]
>面白半分さん。
邪馬台国シリーズは4冊全部読みましたが、
確かに当たり外れあるかなー。
この本が一番面白かった。
力の入り具合が違う気がしました(^^)
[ 2017/03/20 11:05 ] [ 編集 ]
過去記事に失礼します♪ この記事を最初に見た時にコメントしたかったんですが、時間がなくてコメント出来ずじまいで終わっておりました^^

この本、15、6年前?20年近く前だったかと思いますが、母が買って来て、私も歴史ミステリー的な内容がオモシロそうだなあと思って読みました。ずいぶん前なので、どんな内容だったか覚えてないものが殆どなのですが、邪馬台国のところだけは覚えています。「八幡平」、言われてみれば〜?!e-451という感じですよね。
この推理が正しいかどうかはともかく、こういう地名にその痕跡が残っている可能性は確かにあるかも知れないなと思いました。 個人的には邪馬台国は畿内ではないと思っていて、やはり九州(耶馬渓というところありますよね)か、そうでなかったら出雲、吉備の辺りか東北、この中のどこかだと感じています^^ まあ、古代史マニアではないので、何の根拠もない素人の直感的なものなんですが(苦笑)

話は変わりますが、東野圭吾さんの「ナミヤ雑貨店の奇蹟」はまだ読まれていませんか? 最近気になっていて、もしお読みになっていたら感想を教えていただきたかったんです^^ 
[ 2017/08/09 15:48 ] [ 編集 ]
>マナサビイさん。
過去コメいつでも大歓迎です。ありがとうございます(〃ω〃)
でも、「地名」って絶対意味がありますよね。
そう考えると楽しいです。
そして、この本だか違う本(鯨さんのこのシリーズ内)で
「東北は発掘されてない遺跡がたくさんある」って書いてまして、
本当にその通りなんですね。なのでまだまだ夢がありそうで
ワクワクです。

ところで、ナミヤ雑貨店の奇蹟ですが、読んでますよ♪

アドレス貼ろうとしたら「不正投稿」扱いされました(爆)
自分のブログなのにっ!
張り付けたかったのに。2013.1.9に投稿しております。
全然大したこと書いてなくて我ながらガッカリしましたが
よろしかったら読んでやってください(^^;)
本当に大したこと書いてなかったよーーー(笑)
[ 2017/08/10 09:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する