2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2017.03.30 (Thu)

「愛しのジュエラー」 和田はつ子



愛しのジュエラー 和田はつ子

花岡ジュエリー・スクールの学生喜多川北斗は、宝石業界最大手のオーナーの御曹司。しかも、東大中退という異色の経歴だった。北斗は石留めの達人として、世界技能競技大会で入賞を果たしていたが、学内のデザインコンテストではデザイン画を提出することができず、自己嫌悪に陥っていた。学内の学習の華といえるのが、独創的なデザイン力だったのである。
ある夜、酔っ払った北斗は誰かに助けられ、その家で朝を迎えた。北斗を助けたのが、同じ学校に通う皆見みな美だった。そこで、みな美の手になるという優しい表情をしたスターローズクオーツを見た北斗は、みな美が研磨の卓越した技術を持っていることを知るとともに、彼女に興味を抱く。
折しも、学校が財政的に危機に瀕しており、このままでは借入先の銀行の手に渡ってしまうことが明らかにされた。そのため、資金集めとして学生たちによるオリジナル商品のジュエリーを作って売ることが宣言される。果たして、どんなジュエリーができるのか。
みな美と北斗、日賀翔太と仁科真由那の恋愛感情も入りくんできて……。
宝石の魅力と、宝石をこよなく愛する人たちの思いを伝える、注目の学園小説!


和田さんの得意分野の宝石の話ですが、まぁ共同作業ってことは宝石じゃなくてもいいのかもしれないなーと思いました。
メインの2人がなんだか変で(笑)
北斗はかっこいいし才能もあるんだけど、なんというか・・・変。
キャラ設定が固定されてないのかもしれない。
みなみに関してはさらに変で・・・まぁ頑張っている女の子かもしれませんけれど、
お茶がカビているならとりあえず出すなと言いたいのです。

磨けば磨くほど宝石って光るのかなー。
表紙の次にあった写真がきれいです。
ダイヤやガーネットにも種類があるみたいですし、みなみの過去がわかって気の毒だーと思ったところで続く・・・

・・・らしい。
関連記事
05:00  |  和田はつ子  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/3240-7b61ece8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |