2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2017.03.04 (Sat)

「崇徳院を追いかけて」 鯨統一郎



崇徳院を追いかけて 鯨統一郎

星城大学の研究者早乙女静香はバー“スリーバレー”でライターの宮田六郎と知り合った。歴史談義で角突き合わせるだけの関係だったが、どうしたわけか共に京都を旅する成り行きに。ところが、観光と洒落込む間もなく彼らの知人が次々と奇禍に遭い、被害者との接点に注目した警察は二人を追及しはじめる。事件を解明すべく奔走する宮田と静香。歴史上の謎に通じるその真相とは?

こちらも初めましての作家さん。
かりんトウさんから借りましたがかりんトウさんもシリーズものと知らずに買った???

なのでシリーズ途中作品みたいですが、かなり好き。
高田崇史作品を好んで読んでいると
「崇徳院??あぁ日本三大怨霊ね(・∀・)」
・・・くらいの知識はあります(笑)

どういう関係の宮田と静香なのかよーわからんところが苦しかったけれど、
バラバラ殺人のトリックなどは好みだ・・・
よく考えるとありがちではあるんだけど、だからこそ
「こういうトリックなんだ」とわかると「あぁ・・・そうか・・・(〃▽〃)」と納得する。

かなり好みの作品ではありましたが、読書メーターを読むとこの話は
通常から行くと毛色の違う話だったみたいで、
普段は居酒屋であーだこーだと推理している本らしい??
居酒屋でトーク。
楽しそうです(笑)
邪馬台国シリーズって言われているようですが、確かに邪馬台国も謎だよねー。


関連記事
05:00  |  鯨統一郎  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/3225-9476bdc8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |