igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「土の記」 高村薫



土の記 高村薫

東京の大学を出て関西の大手メーカーに就職し、奈良県は大宇陀の旧家の婿養子となった伊佐夫。特筆すべきことは何もない田舎の暮らしが、ほんとうは薄氷を踏むように脆いものであったのは、夫のせいか、妻のせいか。その妻を交通事故で失い、古希を迎えた伊佐夫は、残された棚田で黙々と米をつくる。

疲れました(笑)

読んでて「面白いっ!」とか「スッキリしたっ!」という本では決してありません。
交通事故でその後10年以上も植物状態だった妻が死に、残された老人がただただ孤独に農業をするのですが・・・

上巻の前半はもうあふれんばかりの孤独臭に耐えられなかった。
男1人でいるということはこんなにも孤独なのかと。
しかも、婿養子なのよね。この人。
で、あまり近所づきあいも得意そうでもないし、毎日田んぼと畑と・・・

あぁ~~~つらいっ!

で、下巻になったら変わるのかなと思っていたら、今度はボケてきた???
おじいさんボケた?
そんな危機感もあります。

田舎の集落での人と人とのつながりは確かにあるんだけど、
もともと老人しか住んでないような地区なもので・・・
そんな中、置き去りにされたトイプードルだけが救い。

ただただ孤独だった。
やっぱり人は1人きりでいるべきではないと痛感しました。
関連記事
あらすじを読んだ段階で、手を引っ込めてしまいそうになります><

初期の本は好きだけど、ここ10年の作品は文学的過ぎて、手が出せません。「冷血」だけは読んだけど、読み終わってひたすらモヤモヤでした。
最後まで読み切ったigaigaさん、すごいな。
きっと私は心が沈んでしまって、無理そうです。
描写力がすごいだけに、どっぷり孤独になってしまいそう……。
[ 2017/02/11 12:57 ] [ 編集 ]
>limeさん。
確かに「黄金を抱いて跳べ」とかいいですよねー。
最近は確かに・・・まぁ・・・わかる(笑)
もう、重くて暗くて孤独で・・・
でもどこか身近な話な話でした。
これが上下巻なので・・limeさんも是非手に取ってください(笑)
仲間募集中です(〃∇〃)
[ 2017/02/11 15:09 ] [ 編集 ]
なんか 読んでいると高村薫のスランプは続いているようですね
とりあえず 多摩市の予約リストからはキャンセルしました
「晴子の・・・」からずっと 低空飛行が続いている感じです

アマゾンの口コミを見ても賛否が分かれてますね
なんだか残念。
[ 2017/02/13 12:27 ] [ 編集 ]
>バックスクリーン三連発さん。
えーー!?キャンセルしたんですか???
まぁ読書メーターでも賛否はわかれております。
「さすが高村薫!」と書いている人もいれば
「ミステリー書かないならもう読まない」という人もいます。
合田さんも出てこなければ殺人も起きません。
この本はこの本でとても丁寧に描写されていると思うのですが・・・
孤独すぎて辛かったです((+_+))
[ 2017/02/13 14:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する