igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「白衣の嘘」 長岡弘樹



白衣の嘘 長岡弘樹

悲哀にみちた人間ドラマ。温かな余韻が残るラスト。『傍聞き』『教場』を超える、傑作ミステリ集!命を懸けた現場で交錯する人間の本性を鮮やかに描く、珠玉の六編。

【目次】
最後の良薬/涙の成分比/小医は病を医し/ステップ・バイ・ステップ/彼岸の坂道/小さな約束


なるほど。
BOOKデータベースの書き方が言い得て妙です。
その通り。
人間ドラマで悲哀に満ちてました。

読んだ後妙に悲しいというかせつなく辛い気持ちになるんだよねー。
医者も人間なんだという気持ちになったり。
ラストの話は、「一致した」ってことなのかな。
だから「家族」になったのか。
そういうことなのか。

一番最初の話と最後の話が印象に残りました。
面白いっ!!という話ではありませんでしたが、
重くしっとりした話でした。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する