igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「GOSICK GREEN」 桜庭一樹



GOSICK GREEN 桜庭一樹

新大陸に到着した早々、難事件を次々解決したヴィクトリカと一弥。開業したグレイウルフ探偵社には早速、依頼人が殺到。脱獄した伝説の銀行強盗・KIDと、マンハッタンの中心にある広大な公園・セントラルパーク。この二つに関する厄介な依頼にヴィクトリカが目を白黒させる中、見習い新聞記者となった一弥も、セントラルパークへ初の取材に向かう。二人の仕事は、思わぬところで大きな陰謀へと繋がって…?奇跡の名コンビが、またもN.Y.中を巻きこむ大活躍!?探偵社編、最新作!

アメリカではお札のことをグリーンというみたいです。当時の話かなー?
前、テレビで「自由の女神」をグリーン・ドールと言ってたけど、それも本当の話かなー?
それとも出川さんならでは??(笑)

そんなグリーンのお札が引き起こす騒動でありました。
面白く読んだ。
っていうか、「望み」の後なので重い話より軽い話を読みたかったのです。
とてもいい気分転換になりました。
ヴィクトリカと一弥が一緒にいるだけでほんわかします(〃ω〃)

最後にグレヴィール(だっけ?)が登場してましたが、ってことはREDの前の話なんだよね>時系列
一体いつになったらREDの後の話になるのか??
結構REDのラストが気になる終わりかただった気がするが、
もうなんというか・・・覚えてないw
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する