2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2017.01.21 (Sat)

「羅生門・鼻・芋粥・偸盗」 芥川龍之介



羅生門・鼻・芋粥・偸盗 芥川龍之介

王朝末期の荒廃した都を舞台に展開する凄惨な人間絵巻「羅生門」、師漱石も賞賛した、長い鼻を持つ禅智内供の内心の葛藤「鼻」、芋粥に異常な執着を持つ男「芋粥」、女をめぐる盗賊の兄弟の確執「偸盗」。いずれも『今昔物語』『宇治拾遺物語』などに素材を得たもので、芥川王朝物の第一冊として編集。

【目次】
羅生門/鼻/芋粥/偸盗


羅生門と鼻は再読。
(っていうか、鼻は教科書だったような・・・)

先日「芥川症」を読んだときに、芋粥の元の話がわからなかったので、
読んでみたいと思っていたのですが、「芥川症」の「バナナ粥」の話とはまたちょっと違ってた(笑)

芥川さんは短い話のほうが分かりやすくて好きです。
ユーモアと毒がお気に入りです。
でも、完全オリジナルってわけでもなくて、BOOKデータベースの通り、「今昔物語」等からヒントを得ていたらしい。
へぇーーーーー。
だから時代も平安時代頃の話が多いのか。

確かこのシリーズほかにもあったような気がしたのでまた読んでみよう。
関連記事
08:36  |  その他あ行の作家  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/3200-6f8dc0db

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |