2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2017.01.18 (Wed)

「望み」 雫井脩介



望み 雫井脩介

東京のベッドタウンに住み、建築デザインの仕事をしている石川一登と校正者の妻・貴代美。二人は、高一の息子・規士と中三の娘・雅と共に、家族四人平和に暮らしていた。規士が高校生になって初めての夏休み。友人も増え、無断外泊も度々するようになったが、二人は特別な注意を払っていなかった。そんな夏休みが明けた9月のある週末。規士が2日経っても家に帰ってこず、連絡する途絶えてしまった。心配していた矢先、息子の友人が複数人に殺害されたニュースを見て、二人は胸騒ぎを覚える。行方不明は三人。そのうち犯人だと見られる逃走中の少年は二人。息子は犯人なのか、それとも…。息子の無実を望む一登と、犯人であっても生きていて欲しいと望む貴代美。揺れ動く父と母の思いー。

久々に本気の雫井作品を読みました。
この人本気出すとすごいよねー。

でも、毎回本気出すと大変だから、たまに一息つこうかと「仮面同好会」みたいな話を書くのかなぁー。
「よいしょー」って・・・(´-ω-`)

自分の息子が行方不明になった。
それと同時期に息子の友人が殺されたというニュース。
情報が錯綜する中で、行方不明の息子は加害者なのか被害者なのか。

自分の息子が殺人なんて犯すはずがない。
どっちかだったら被害者であってほしい。

と、願う父。

生きていてくれれば加害者でもいい。

そう願う母。

父と母というよりは、男性と女性の考え方なのかな。
それとも母性なのか。

ただ、内容が内容でもあるので終わりスッキリといった本ではありませんでした。
関連記事
08:46  |  雫井脩介  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/3196-2d83d134

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |