igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「ジャッジメント」 小林由香



ジャッジメント 小林由香

大切な人を殺された者は言う。「復讐してやりたい」と。凶悪な事件が起きると人は言う。「同じ目にあわせてやりたい」と。犯罪が増加する一方の日本で、新しい法律が生まれた。目には目を歯には歯をー。この法律は果たして被害者とその家族を救えるのだろうか!?第33回小説推理新人賞受賞。大型新人が世に問う、衝撃のデビュー作!!

というのが「復讐法」なんだけど、目には目を歯には歯を・・・
とやっていると復讐する方がもちません。

私も読む前までは「絶対復讐法よねー。同じ目に遭わせてやるんだっ!」と思ってました。
はい。
でも、実際同じ目に遭わせるというのは本当に大変なことです。
殺した相手を復讐によって殺すまではいいんだけど、その後のケアまでしてもらいたいなと思いました。
まともな精神の持ち主には務まりません。
やっぱりこういうのは図太い人じゃないと無理のようです。

特に表題作。
育児放棄により餓死した妹のために、10歳の少年が「復讐法」により刑を執行することにしたんだけど、復讐方法が母と内縁の夫を餓死させるというのが復讐法ならでは。
時間かかるんだよね。
じわりじわりと苦しんでいくんだけど、苦しめるほうもまた時間がかかる。
「えいやっ!」という復讐のほうがスッキリしていいのかもしれない。


関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する