igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「化学探偵Mr.キュリー5」 喜多喜久



化学探偵Mr.キュリー 喜多喜久

化学サークルによる「甘い物質」合成対決。サ行の発音がおかしくなった同級生の秘密。四宮大生を狙う奇妙な仮面の男の正体。協力して事件の解決に当たる沖野と舞衣は、ひょんなことから理学部の冷蔵室に閉じ込められてしまった。暗闇&低温の極限状態から脱出する術はあるのか!?

理科が苦手な私なのでここに書いてある事をほとんど理解しないで読んでますが、読んでると萌えるので(笑)

分かる人にはわかるのかなー。
理科とか薬品のこと。
理解出来たら楽しいだろうなーとは思うのですけれど(^^)
どうせ勉強するんだったら違う事を勉強したい(笑)

目的どおりそこそこ萌えましたのでなによりでした。
恋愛に対して超鈍感な舞衣ちゃんなので、「恋の病」にかかったが
恋の病と気づかず、「どこかおかしいのか。『病は気から』というし」と
太腿をバンバン叩いて気合いを入れ直すあたりが個人的にウケました。

かわいいなぁ。

便秘薬とタバコの関係とか興味あるのもあったけど
タバコ吸わないし、便秘薬飲まないしー。
ニトログリセリン甘いって書いてたけど、ニトログリセリンと出会う事も
ないだろうなーと思ってます。
聞いたことあるけど、身近じゃない薬品が多く登場するシリーズ。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する