igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「ヴァラエティ」 奥田英朗



ヴァラエティ 奥田英朗

迷惑、顰蹙、無理難題。人生、困ってからがおもしろい。脱サラで会社を興した38歳の社長、渋滞中の車にどんどん知らない人を乗せる妻、住み込みで働く職場の謎めいた同僚…。著者お気に入りの短編から、唯一のショートショート、敬愛するイッセー尾形氏、山田太一氏との対談まで、あれこれ楽しい贅沢な一冊!!蔵出し短編集!

【目次】
おれは社長だ!/毎度おおきに/ドライブ・イン・サマー/クロアチアvs日本/住み込み可/セブンティーン/夏のアルバム


単行本にしては珍しく奥田さんのあとがき(言い訳?)がありました。
こういうのは嬉しい。

普段作家さんの説明ってないからなー。
そんないかにも「ヴァラエティ」という作品でした。
対談はあるし、中途半端な作品はあるし。
最後の話は好きだなぁー。
ちょっと時代はさかのぼっているんだけど、この時代ならではの
いいことってあるよねー。
好きです。

最初の3つはイマイチーです。
まぁ自分なりの感想です。
それがだんだんと面白くなっていく。

「夏のアルバム」を最後に持ってきてしっかりと締めたところが
この本を1冊の作品としてまとめたかなっ。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する