igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「時限病棟」 知念実希人



時限病棟 知念実希人

目覚めると、彼女は病院のベッドで点滴を受けていた。
なぜこんな場所にいるのか? 監禁された男女5人が、拉致された理由を探る……。
ピエロからのミッション、手術室の男、ふたつの死の謎、事件に迫る刑事。
タイムリミットは6時間。謎の死の真相を掴み、廃病院から脱出できるのか!?


仮面病棟の続きったら続きだけど、ほぼ気にしなくてもいいと思います。
リアル脱出ゲームみたいな話で、「私がここにいたら一発で死んじゃうだろうなー」
と思いました。
絶対分からない。

趣味が脱出ゲームをすること(?)の梓が先に立ちどんどんとクリア
していくわけです。
タイムリミットまで間に合うのか!?
って感じで読んでいきましたがラストに
あの人があんなもの腹の中に隠していたと発覚したとき・・・
あまりに驚きアゴがはずれそうな衝撃を受けました。
んなバカな・・・Σ(゚д゚|||)

バカなーーー!!!

とてもとても叫びたかった。
実物を見たことはありませんが、テレビで見るものと自分の腹を比べてみると
やっぱり叫びたくなる(笑)
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する