2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2016.12.15 (Thu)

「怪盗探偵山猫 月下の三猿」 神永学



怪盗探偵山猫 月下の三猿 神永学

鮮やかな犯行のあとには、必ず闇の悪事が暴かれる!新時代の鼠小僧か、はたまた単なる盗人か!?正体不明の謎の窃盗犯ーその名は“山猫”。猿の娘と名乗る少女が山猫を訪ねて来た。彼女は父が遺した“猿猴の月”なる物を探して欲しいと言うが、猿のお面を被った謎の集団に攫われてしまう。一方で、掌に猿の入れ墨がある男の死体が見つかる。連続する“猿”の符号に隠された真実とはー!?

テンポがいいので読みやすかったです。
最近忙しいのもあって1冊の本を読むのに2~3日かかってたので
1日で読み終えるとどことなく爽快感(笑)

でもまぁキャラもの・・・と言っていいかな??
なので、先が分かり安心して読めます。
ここでたとえば勝村くんが殺されちゃったら物語が終わってしまう
と言っていいくらいでして。

なので、いくら連れ去られようと拷問されようと、
監禁場所に犬井(←刑事)がいようとひとまず安心できます。
でも、犬井からは「只者ではない」と思われているようで。
実際の勝村くんは一体どこまで出来るのか謎。

本文を読むと細田=イケメンになりますがそうなのかな?
以前の設定忘れたー。
ただ太い。オタク。
イケメンなのか?

犬井を見てると誉田さんのガンテツを思い出す。
刑事にはこういうのが多いのか?(。・ω・。)
関連記事
08:23  |  神永学  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/3174-65e9009d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |