igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「潮騒のアニマ」 川瀬七緒



潮騒のアニマ 川瀬七緒

伊豆諸島の「神の出島」でミイラ化した女性の遺体が発見され、警視庁から岩楯警部補が派遣された。首吊りの痕跡から、解剖医は自殺と断定。死亡推定月日は3ヵ月以上前とされた。第一発見者によれば、島のハスキー犬がミイラを引きずってきたらしい。遅れて島に入った法医昆虫学者・赤堀涼子が、事前に解析した微物と、現場周辺を調べて出した結論は……。

昆虫法医学シリーズも5冊目ってことで読書メーターでも皆さん書かれてましたが・・・

慣れてきました(笑)

壁一面のゴキブリがいようと、大量のフナムシがいようと、
口と目からウジ虫が飛び出ようと、アリが体中を這い上がろうと・・・

読む分には平気です(・∀・)

そんな自分にウケる。
慣れって恐ろしい(笑)
で、今回岩楯刑事とタッグを組むのが潔癖刑事くん。

け・・・け・・・潔癖!!!

岩楯と組むってことは赤堀せんせーの洗礼を受ける。
潔癖なのに(笑)
でも、まぁ・・その都度登場するウェットティッシュの数が増えるくらいでしたが。
読まなくても潔癖が登場するというだけで笑えるのではないでしょうか。

今回はミステリー要素も強く面白く読みました。
島って閉鎖的な何かを感じる。
これに民俗学も登場すると怖いものないかも。

関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する