igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「校閲ガール トルネード」 宮木あや子



校閲ガール トルネード 宮木あや子

ファッション誌の編集者を夢見る校閲部の河野悦子。恋に落ちたアフロヘアーのイケメンモデル(兼作家)と出かけた軽井沢で、ある作家の家に招かれて……。そして社会人3年目、ついに憧れの雑誌の編集部に異動に!?

シリーズ完結・・・かな?
宮木さんはあまりシリーズものというイメージがないので3冊出ただけでも多い???

今回は悦子にとっては辛い話ばかりだったのではないかなー。
読んでる分には笑ったり吹いたりしましたが、
私ら社会人からすると、憧れの仕事と自分に合う仕事というのは違うものであって。
憧れのファッション誌へ異動したはいいけれど、思っていたように仕事が出来ないって今までの自信が崩れる瞬間っていうのだろうか。
かなりキツイ~。

プライベートでもねー。
まぁ・・・大変で。
でも、それでもそういう悦子の生き方を見て清々しい気持ちになりました。

いい感じで終わったのではないだろうか。
まぁこの先続きが出ても読むけどね。

軽いお仕事小説だけど「自分も頑張ろう」と思える本です。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する