2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2016.11.28 (Mon)

「代体」 山田宗樹



代体 山田宗樹

近未来、日本。そこでは人びとの意識を取り出し、移転させる技術が発達。大病や大けがをした人間の意識を、一時的に「代体」と呼ばれる「器」に移し、日常生活に支障をきたさないようにすることがビジネスとなっていた。
大手代体メーカー、タカサキメディカルに勤める八田は、最新鋭の代体を医療機関に売り込む営業マン。今日も病院を営業のためにまわっていた。そんな中、自身が担当した患者(代体を使用中)が行方不明になり、無残な姿で発見される。残される大きな謎と汚れた「代体」。そこから警察、法務省、内務省、医療メーカー、研究者……そして患者や医師の利権や悪意が絡む、壮大な陰謀が動き出す。意識はどこに宿るのか、肉体は本当に自分のものなのか、そもそも意識とは何なのか……。科学と欲が倫理を凌駕する世界で、葛藤にまみれた男と女の壮大な戦いが始まる!


百年法といい、山田さんの中では不老不死とか永遠の命とかそういうのが好きみたい。
今回は例えば事故に遭ってしまい動けない。
でも、代わりの体があれば意識を移行して「自分」として動くことが出来る。
というシステムが代体。

厚い本なのですが、行間があったりなんだりで一気読みできましたが、
途中からは人→代体(機械)だったのが、人→人になってきてて
「代体はどこへ??」
という展開になりました。

でも面白かった。
妙にリアルだったりして。代体を使用できるのは1か月とか。
その間に本体(肉体)が死んだ場合はおしまいとか。

細かな設定がありました。
ただ登場人物が多くて、多少混乱はした。
さらに、難しい説明をされると混乱するのよねー。
あまり分からないし。
登場人物ですら難しくて寝てしまっていたから
その気持ち・・・わかるよ(笑)

無関係と思っていた主人公が実は・・・的な展開で面白かったです。
SFは個人的には苦手分野ですがそれでも普通に楽しめました。
関連記事
05:00  |  山田宗樹  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/3163-4e18236f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |