igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「ツバキ文具店」 小川糸



ツバキ文具店

ラブレター、絶縁状、天国からの手紙…。鎌倉で代書屋を営む鳩子の元には、今日も風変わりな依頼が舞い込む。伝えられなかった大切な人への想い。あなたに代わって、お届けします。

【目次】
夏/秋/冬/春


とても人気のある本です。
たぶん、それはタイトルが 「ツバキ文具店」だからだと思う。
文具店という言葉の響きにはうっとりする女子が多いと思う。
私がそうだから。

本を読むと確かに「文具」は出てくるけれど、それ以上に「代筆」というイメージが多い。
読んだ感想からすると「代筆屋鳩子の日常」っていうタイトルの方がしっくりくる。

ところどころに登場する紙や筆記用具は確かにうっとりするんだけど、
それ以上に鳩子がその人に憑依して(としか言いようがない)書く文章に圧倒されました。

最後は自分に素直になっての手紙。
手紙もいいものです。

関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する