2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2016.11.04 (Fri)

「殺人犯はそこにいる」 清水潔



殺人犯はそこにいる 清水潔

5人の少女が姿を消した。群馬と栃木の県境、半径10キロという狭いエリアで。同一犯による連続事件ではないのか?なぜ「足利事件」だけが“解決済み”なのか?執念の取材は前代未聞の「冤罪事件」と野放しの「真犯人」、そして司法の闇を炙り出すー。新潮ドキュメント賞、日本推理作家協会賞受賞。日本中に衝撃を与え、「調査報道のバイブル」と絶賛された事件ノンフィクション。

足利事件は有名なので記憶にもありますが、清水さんの企画が菅家さん無罪釈放につながったとは思わず驚きました。
もし清水さんが選んだ企画がこの「北関東連続幼女誘拐事件」じゃなかったら菅家さんは無実のまままだ刑務所にいたかもしれないし。
でも、清水さんは菅家さんのために動いたのではないという。
連続してるはずの北関東幼女誘拐事件が菅家さんが「犯人」でいることで構図がずれる。
菅家さんにはこの事件から「退場」してもらわなくてはならない。
そうすることによって事件がもっと鮮明になる。

そういう考えらしい。
驚く。

無事菅家さんは釈放されましたが、真犯人はまだ逮捕されず。
清水さんが「真犯人」と思う人はいるらしい。
でも、警察が動いてくれない。
そうなると記者とはいえ、一般人の自分が逮捕出来るワケでもなく、
そうしているうちに311が起き、さらに・・・といろいろあります。

この本を読んでると冤罪って私が思っているよりはるかに多いのかも。
袴田事件もそうだったし。
この本にも別の事件のことが書かれてますが、無罪を言い続けてた人が
死刑執行されたことも書かれてます。

読んでて迫力ありました。
自分の子供を小さいうちに亡くしてしまった遺族の方がお気の毒。
警察がいったい何を守ろうとしているのか理解に苦しみますが、
早く事件を解決してほしいと思います。
関連記事
05:00  |  その他さ行の作家  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

噂のアレを読んだのですね!さすがです!

ノンフィクションは自分から読まないたちなので気になりつつも手を出せずにいます(*ノノ)
猫科とらねこ |  2016年11月04日(金) 17:14 |  URL |  【コメント編集】

igaigaさん、こんにちは。
読んでいて、ちょっと鳥肌が立ったというか、戦慄を覚えました。
事件の舞台が北関東なので、高崎・前橋の書店では軒並み桁外れの平積みされていて売れてましたね。
それだけ市民の関心を呼んだ作品かと。
K2 |  2016年11月05日(土) 07:14 |  URL |  【コメント編集】

●>猫科とらねこさん。

そうそう。例のアレです( ̄m ̄*)
ノンフィクションというか、事件を追った話は結構好き
なので今までも読んでたのですが・・・もっと読みたいと
思いました。知らないことが多すぎる~。
igaiga |  2016年11月05日(土) 08:12 |  URL |  【コメント編集】

●>K2さん。

群馬・栃木と県をまたいでしまったのも解決が遅くなって
しまった原因の1つでしょうか。
なんか本を読んでるともう「闇に葬られた」ような書かれ方
だったのでなんとか解決してほしいなと思います。
今、話題とされてる本でまぁそれに乗っかったところも
ありましたが、読んでよかったです。
もっと知る人が増えるといろいろ変わることもあるかなー。
igaiga |  2016年11月05日(土) 08:15 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/3149-fd075d45

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |