2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2016.10.15 (Sat)

「江戸オリンピック」 室積光



江戸オリンピック 室積光

21世紀、幕藩体制を維持したまま近代化に成功した日本。欧米列強に媚を売り、偽りの平和を謳歌する世の中を変えるべく、立ち上がった男たちがいた。スポーツ用品メーカー伊豆野(いずの)の伊藤博文、大手広告代理店「江戸通」の高杉晋作、そして長州藩庁の桂小五郎だ。彼らはSNSを運営する「回援隊」の坂本竜馬を通じて、薩摩の西郷・大久保らと同盟を結び、アジア初となる江戸への五輪招致に動き出す!書き下ろし歴史改変エンターテインメント。

相変わらず室積さんの頭の中が不思議でしょーがない(笑)
設定がものすごく独特です。
幕末志士のみなさんが、この21世紀に頭数まとめていて、江戸にオリンピックを迎えるためにあの手この手で動き出す。
その動き方が結構えげつないんだけど(笑)
まぁこの本の時代背景としてはちょっと爽快でもある。

かなり白人至上主義の世界。
電車にも「白人様専用シート」とかあるワケです。
それに座っちゃうと車掌が慌ててきて「そこは白人様専用シートです」と言われる。
相変わらず風刺が効いてます。

フェイスブックが「顏絵巻」といい、ケータイは「印籠電話」(笑)

で、白人至上の世界を変えるべくオリンピック招致をするわけで、そのプレゼン。
「お・も・て・な・し」
ではなく
「お・と・し・ま・え」
というw

どんなプレゼンだ。

そしてミズノではなく、スポーツ用品メーカー伊豆野に就職している伊藤博文は
安重根(!!)と一緒に世界の子供たちにスポーツ用品を売るべく営業に出る。

・・・シュールだ( ̄▽ ̄;)
関連記事
05:00  |  室積光  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/3135-af367a03

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |