2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2016.10.13 (Thu)

「硝子の太陽 R」 誉田哲也



硝子の太陽 R 誉田哲也

祖師谷で起きた一家惨殺事件。深い闇の中に、血の色の悪意が仄見えた。捜査一課殺人班十一係姫川班。警部補に昇任した菊田が同じ班に入り、姫川を高く評価する林が統括主任として見守る。個性豊かな新班員たちとも、少しずつ打ち解けてきた。謎の多い凄惨な事件を前に、捜査は難航するが、闘志はみなぎっているーそのはずだった。日本で一番有名な女性刑事、姫川玲子。凶悪犯にも臆せず立ち向かう彼女は、やはり死に神なのか?

前回の「インデックス」読んでおいて本当によかったと。
じゃないと人間関係などが分からないまま読むと楽しめない1冊であります。

相変わらず動物的な勘で事件の本質を探っちゃう姫川ですが
最後には辛い出来事が。

ジウシリーズとのコラボとはいうものの、東警部補と少しやりとりがあっただけで、
同時に別の事件があり、その糸が絡まったときにだけ接触した感じだったかな。

しかしガンテツが妙に存在感ありましたね。
あの存在感はなんだろう。
東との因縁もありそうだし、ガンテツはさすがガンテツというか出版社の垣根もなく
いろいろと登場するんだろうな(笑)

それにしてもラストは辛かった(´・ω・`)
関連記事
05:00  |  誉田哲也  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/3134-4c57493a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |