2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2016.10.14 (Fri)

「硝子の太陽 N」 誉田哲也



硝子の太陽 N 誉田哲也

沖縄での活動家死亡事故を機に「反米軍基地」デモが全国で激化した二月、新宿署の東弘樹警部補は「左翼の親玉」を取り調べることに。その直後、異様な覆面集団による滅多刺し事件が起こる。被害者は歌舞伎町セブンにとってかけがえのない男。社会に蔓延る悪意の連鎖を断ち切るべく、東とセブンの共闘が始まる!

こっちのジウシリーズは姫川シリーズよりわかりづらく。
ジウ ハング 国境事変 歌舞伎町セブン 歌舞伎町ダムド
というそれぞれ違うシリーズが組み合わさってなのでちょっと困るかも。
しかし、今回「国境事変」に登場してた公安にしては温厚な川尻さんが再登場したーー(〃∇〃)
これは嬉しいぞ。
また国境事変を読みたくなりました。

こっちを読むと「姫川ってなんってまっすぐなんだろう」と思います。
姫川は太陽の下が似合う人だと思う。
Nに登場する人たちは本当に真夜中に活動する人ばかり(笑)
必殺仕事人的なダークヒーローだよね。

殺された人が歌舞伎町セブンのメンバーだったっていうから読んでて驚いた。
こっちの話の真相は少しわかりづらく。
この先続くんだろうなーとは思うんだけど、どういう形で進むのか。
あの土屋昭子なる女性もよーわからんし、気になるし。

東警部補は嫌いなんだけど、それ以外のメンバーは好きだー。

ただただ・・・最近誉田さんの思想を入れ込むんだよねーーーー。
「武士道ジェネレーション」の時もそうだったんだけど。
今回のRにしろNにしろ読書メーターでは「右寄り」と書いている。
右でも左でも本人の思想は別にいいのよ。
ただ黙っとれ。小説に書くな。と思っちゃいます(。・ω・。)
関連記事
05:00  |  誉田哲也  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/3133-6d96f07e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |