igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「東京會舘とわたし」 辻村深月



東京會舘とわたし 辻村深月

海外ヴァイオリニストのコンサート、灯火管制下の結婚式、未知のカクテルを編み出すバーテンダー…“會舘の人々”が織り成すドラマが、読者の心に灯をともす。大正十一年、丸の内に誕生した国際社交場・東京會舘。“建物の記憶”が今、甦る。激動の時代を生きた人々を描く。直木賞作家の傑作長編小説!

実在の建物ですのねー。
こういうところが分からないのです。私は。
田舎の人なのです(っω・`。)

大正から戦中、戦後を東京會舘とともに書いてます。
どの人の話も良かったけど、結婚式の話もいいなー。
バーで働く桝野、今井の話もいけど。
この当時の人たちって職人だよなーと思います。
工夫があるっていうか。
今みたいにマニュアルとかないので面白いです。
上巻のラストになると機械化になりかけているところもあるのでしょうが、
下巻になるとどうなるのかなー。

どこの人か知らないけど、上下巻分けて借りてるんだよねーーー。
この間行ったら下巻しかなくて。
で、最近行ったら上巻しかなくて(笑)
上巻だけ借りましたが、次に行った時下巻はあるのか!?
まぁミステリーじゃないので少し時間が空いてもいいかもしれない。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する