2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2016.10.01 (Sat)

9月に読んだ本のまとめ

2016年9月の読書メーター
読んだ本の数:18冊
読んだページ数:5907ページ
ナイス数:682ナイス

恩讐の鎮魂曲恩讐の鎮魂曲感想
実際の相模原の事件とかなんとかかんとか号の船の事件とか実際に起きた事件を思い出しました。裁判員制度⇒法に疎い素人が判決を下す になったのでこういうことも起こり得るという判決になりましたね。御子柴先生歯がゆいだろうな。しかしこのシリーズ続きが出ると思わなくて正直驚いたー。
読了日:9月3日 著者:中山七里


レジまでの推理 本屋さんの名探偵レジまでの推理 本屋さんの名探偵感想
どうしても大崎さんの本と比べてしまいます(^^;)でも最近の似鳥さんの本の中では面白かった。地元の本屋さん愛が出てます。「整理屋」さんになる気持ちってわかるーーー。つい並べたくなります。(あまりやらないようにはしてますが)
読了日:9月5日 著者:似鳥鶏


マル合の下僕マル合の下僕感想
面白かった。奥泉さんのクワコーシリーズじゃないけど大学の授業の仕事ってあまり給料高くないのかなーーー。誉が出来すぎる子で不憫でもあった。最後の復讐が地味すぎてしょうもなさすぎて「あぁ・・・これが彼の精一杯なのか」と(笑)薬膳さん、きっといい人なのでしょうが・・・仲良く付き合うには難しいところです。
読了日:9月6日 著者:高殿円


うつろ屋軍師うつろ屋軍師感想
面白かったです。歴史に疎い私はこの時代このようにして生き抜いた人がいたのか。家を守った人がいたのかと感動しました。江口正吉よりは丹羽長重という人物に魅力を感じました。確かにこの殿にだったらついていきたいと思える人です。
読了日:9月8日 著者:簑輪諒


真実の檻真実の檻感想
面白かったですが、先日読んだ中山さんの「恩讐の鎮魂曲」とは逆で裁判官だけだとこういう判決になっていくのか。だからある程度の外部からの裁判員制度は必要なのかーと思いました。
読了日:9月10日 著者:下村敦史


ぼぎわんが、来るぼぎわんが、来る感想
面白かった!ホラーだからどうしようと手に取らなかった何か月かを思うと失敗したーーー!!!と思うくらいです。秀樹が主人公かと思っていたらあっという間に・・・だったし。あーーーそうか。ホラーだもの。でも満足しました。
読了日:9月12日 著者:澤村伊智


十万石の誘い  公家武者 松平信平7 (二見時代小説文庫)十万石の誘い 公家武者 松平信平7 (二見時代小説文庫)感想
酔拳みたいなお侍さんが登場した。個人的にはまたこの人の活躍を読みたいがどうかなー。1話ゲストっぽいが再登場するなら歓迎しますー。そして松姫の父親。何気にいいヤツじゃないか(TдT)「自分が頭を下げて済むなら」といいお父ちゃんだった(TдT)
読了日:9月14日 著者:佐々木裕一


探偵の鑑定1 (講談社文庫)探偵の鑑定1 (講談社文庫)感想
莉子ってこんなに頼りなかったっけ??と思わせる前半。そして莉子が巻き返す後半ってところかなー。いつも誰かとコラボすると莉子が負けちゃうなー。まぁ探偵側が特殊なのでしょうが(^^;)負けるな莉子!という所で後半というかⅡへ。
読了日:9月16日 著者:松岡圭祐


探偵の鑑定2 (講談社文庫)探偵の鑑定2 (講談社文庫)感想
当然出てくるだろうと思っていた華蓮が登場しなくて驚いた。えーーーー???そうなの??なんで??Ⅱでは莉子が頑張りましたね。えらい。で、ふと思ったんだけど講談社なんだよねーーー。万能鑑定士の最終巻も講談社。あの角川との蜜月だった松岡さんが・・・なんでか気になる。それで小笠原さんも職が変わったのか!?
読了日:9月19日 著者:松岡圭祐


蜃気楼の犬蜃気楼の犬感想
深読みしすぎたのかな?それとも続きがあるのかな?刑事メンバーの中には優秀な人もいてこの先の成長が楽しみですが、番場とコヨリの夫婦が謎すぎて不完全燃焼。2周り年下って・・・!?お義兄さんって・・・!?ここの謎がもわんもわん。
読了日:9月19日 著者:呉勝浩


女子的生活女子的生活感想
開始早々、普通の女子にあるまじき行動でもしや・・・と思っていたらもしやな展開でした。最初はそれほど面白いわけではないなーと思ったのですが、タワーマンション合コンあたりから面白くなった。っていうか笑った。いったいどんな世界(笑)おにぎりって・・・(^^;)
読了日:9月19日 著者:坂木司


インデックスインデックス感想
やっぱり面白いなー。井岡とのコンビは最強のような気がするのですが(笑)この本は買ってよかった。短編だから笑いたいときに適当に読める。うん。いい。そしてようやく「硝子の太陽」が読めるーーー。
読了日:9月21日 著者:誉田哲也


クララ殺し (創元クライム・クラブ)クララ殺し (創元クライム・クラブ)感想
やっぱり難しかったーーー。元ネタ?があるらしく本家「クララ殺し」を読んでいるとさらに楽しめるみたいです。それにしても難しい。「アリス殺し」を読んでいることが大前提で、井森の世界とビルの世界。誰がどうでペアでとか途中から頭の中がパンクしそうだった(^^;)
読了日:9月22日 著者:小林泰三


遊園地に行こう!遊園地に行こう!感想
面白かったんだけど、ラスト・・・あれは何??なんか恩田作品を読んでるかのように最初は「おぉっ!!」となり、ラストが「え?」という・・・ラストがあれでいいのか?という気がものすごくするが遙奈の豪快さがちょっと爽快だった(笑)
読了日:9月22日 著者:真保裕一


創薬探偵から祝福を (新潮文庫nex)創薬探偵から祝福を (新潮文庫nex)感想
終始千佳ちゃんが気の毒でなりませんでした(TωT) しかしこんな大切な研究をするのに、通常業務の片手間とは・・・。なんてこったい。しかしねーー。なんか読んでてどんよりと切ない話だったので無駄に引きずらず、1冊で終わったのは良かったと思う。
読了日:9月24日 著者:喜多喜久


ずうのめ人形ずうのめ人形感想
ラストが少しあっさりだったのと、今回は琴子ねーさんは登場せずであったか。その代り美晴ねーさんが・・・なんってこったい。ちょっと驚きました。ホラーというよりはミステリーっぽかったかな。手記というか都市伝説の原稿にカラクリがあったのねー。もっとしっかり注意深く読んでも・・・うん。多分私は気付かない(^^;)
読了日:9月24日 著者:澤村伊智


スティグマータスティグマータ感想
メネンコだっけ?なんって面倒くさい男なんだろう。結局はスターであるべき自分っていうのに酔ってたのか??七面倒くさいことしてー。結局チカが・・・チカが・・・はぁ・・・気の毒だ。しかしもう少しページが残っているかと思っていたらあっさり終わっちゃった。でもこのシリーズ好き。
読了日:9月27日 著者:近藤史恵


無気力探偵~面倒な事件、お断り~ (マイナビ出版ファン文庫)無気力探偵~面倒な事件、お断り~ (マイナビ出版ファン文庫)感想
無気力って感じでもないような・・・ただ拗ねてるだけ男子??ジャニーズが主役でドラマ化しそうですねー。柚希の可愛さにクラクラしそうです(笑)あの皆さんの苗字はなんなんだろう?温泉地??違う???
読了日:9月30日 著者:楠谷佑

読書メーター


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

毎回1か月の読書を振り返るのが楽しい。
「この本もこの本も今月読んだのか!!」と。

今回隣町の図書館からの本がないなー。
それでもって、うちの町の公民館の本が5冊もあるよ。
もっと頑張れ公民館(笑)
わが町の公民館は、県立図書館から借りて一時的に貸出してます。
本のレンタル。
それに上手い具合にハマれば、今回のようにおいしい本と巡り会える(〃ω〃)

それ以外はかりんトウさんから借りた本と能代の図書館ですねーーー。
自分の本は3冊だけーーー。
18冊中3冊・・・
まぁいっか。
関連記事
10:36  |  月別まとめ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/3122-c5263dbd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |